スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜美術館

みなとみらいの横浜美術館にいってきました。
フランス絵画の19世紀 展まで。

サロンに出品されたフランス・アカデミズムの作品を
中心にした展覧会です。
という趣旨なので、印象派は最後の方にちょこっと。

アングルとかドラクロワとかコロー、ドガとかクールベも
それぞれちょこっとずつ。

大作!というのは日本でそれほどメジャーではない作品が多く、
でも結構楽しめました。
ジャン=ウジェーヌ・ビュラン「無垢な結婚」が綺麗でした。
展示作品の一部。「無垢な結婚」はカルカソンヌです。


上野とか六本木みたいに混んでないとこが良いですよねー……

スポンサーサイト

続きを読む

calling

上野へいってきました。もうパンダはいなくなったのですね。。

うえの

前々から観たい観たい言っていた、
大琳派展@東京国立博物館でございます。
美術部(高校の時の)東京支部を巻き込んでの上野遠征となりました。

光悦!宗達!光琳!乾山!ていうか光琳!!
という感じでした。

琳派の変遷もテーマなので、風神雷神とか比べて見られるように
堂々と4枚並んでいるのです。
皆さんお好みの風神雷神を選んでみてね、みたいな!
なんと豪華。

混んでるけど行くべきですよー
内容は大満足でしたよー


それからやっぱり酒井抱一が良いなぁと思いました。
夏秋草図屏風の、琳派の大胆な構図と繊細な筆致との融合とか。
波図屏風の実物がとにかくかっこよかったです。
うちに欲しい。

光琳とどちらが好きか気分によって変わるのですが
最近は抱一に傾き気味。どうでも良いですね。

人が多くてというのもありますが、
展覧会のボリュームとか、元々の関心の高さとかもあり、
一巡したらぐったりとしました。
好きなものを目から吸収するというのはほんとに気力と体力が要ります。



オマケにNDL分館の子ども図書館に連れて行ってもらいました。
うえの2

ミレイ展

ミレイ

J・E・ミレイ展に行ってきました。


・オフィーリアは勝手に想像していたよりも小さかった。
・油彩なのに肌の透明感が素晴らしい。眼福でした。
・混んでる。けど、こんなもんか。
・でもミレイ展はめったに開催されないので行かざるを得ない。



しかしBunkamuraが無かったら渋谷には足を踏み入れないなぁ、
と改めて実感しました。


プロフィール

ウミ

Author:ウミ
2X歳

しゅみは眠ること
夜更かしをしてから昼まで眠ること

都内某所在住

画像はクリックしても大きくなりません

FC2カウンター
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。